特殊な入れ歯

当院では保険治療で使われる通常の針金のついた入れ歯以外にも、保険治療外ではありますが、たくさんの選択肢を用意しています。

針金がない入れ歯、薄く快適な入れ歯、入れ歯に見えないような入れ歯、最小限のインプラントと組み合わせた安定した動かない入れ歯等々、患者さんの状態に合わせて、最適な方法を紹介いたします。特に、失った歯を全てインプラントで治そうとすると時間と費用がかかりますが、インプラントと自分の歯を組み合わせた入れ歯は治療の時間も短く、低浸襲で費用面でも比較的安価にすみます。

一般的な総義歯(保険治療)

床の厚みがあるので、食事がおいしくなかったり、話しづらく、違和感が大きいと感じる事があります。強度もなく、割れる事があります。


金属床の義歯(自費治療)

床は金属製で薄く、なめらかで違和感を感じにくい義歯です。薄いので話しづらい事もありません。また、強度があり、頑丈です。

オーバーデンチャー(自費治療)

自分の歯が少しでも残っている場合その歯を使ってより安定する入れ歯を作れます。保険の入れ歯よりきれいで、噛み合わせもよく歯を長持ちさせる事が出来ます。

コーヌスクローネ(自費治療)

自分の歯が条件良く残っている場合、入れ歯に見えないような入れ歯をつくる事が出来ます。入れ歯をいれている感覚はほとんどありません。

成田歯科
〒454-0957
愛知県名古屋市中川区かの里1-603
Tel: 052-303-2121